7月1日は「びわ湖の日」です。

トピックス|2022.06.28

7月1日は、「びわ湖の日」です。
「琵琶湖」は本社のある滋賀県が誇る湖で、日本で最大の面積と貯水量を持ちます。

こちらの写真は、琵琶湖の北部、長浜港に浮かぶ学習船「うみのこ」です。
滋賀県では、母なる湖・琵琶湖を舞台にして、学習船「うみのこ」を使った宿泊体験型のフローティングスクールを実施しています。
琵琶湖について学んだり、環境に主体的にかかわる力をはぐくむ等の目的で、県内すべての小学校及び特別支援学校、各種学校の5年生を対象に行われています。
現在は新型コロナウイルスの影響により日帰り学習となっていますが、湖上での学習は子供達の思い出に大きく残るイベントです。

さて、日本ソフト開発は、かねてよりICTの立場から水質保全の取組みをご支援しております。
遠隔監視システム「SOFINET CLOUD」は、ICTを用いた環境に関わるサービスとして、全国各地の上下水道施設や雨水、河川等の水環境施設でご利用いただいているクラウドプラットフォームです。これまでに培ってきた技術・ノウハウを生かし、IoT(モノのインターネット)やM2M(マシン・ツー・マシン)を活用したサービスでお客様をトータルサポート致します。
専門スタッフがハードウェアや通信回線の選定から、導入・運用までをワンストップでお手伝いします。

ご紹介動画はこちら
スペシャルサイトはこちら
 https://www.nihonsoft.co.jp/sofinetcloud/index.html
SOFINET CLOUDに関するお問い合わせは、環境IoTプロジェクト本部まで。