今年も多賀大社 新春初祈祷へ行ってきました

トピックス|2022.01.12

本社より車で20分ほどにあります多賀町「多賀大社」は、古くから「お多賀さん」の名で親しまれる滋賀県第一の大社で、「糸切り餅」や「お多賀杓子」でも有名です。商売がますます繁盛し、世の為、人の為に尽くせますよう、当社は例年1月初旬に参拝しています。本日1月12日朝から雪が舞う中ではありましたが、ますますの事業繁栄や社員やご家族の健康延寿など、ご加護がありますよう、社長はじめ会社から7名で参拝し祈祷いただきました。色とりどりの花手水がとても綺麗でした。
多賀大社には、伊邪那岐大神(いざなぎのおおかみ)伊邪那美大神(いざなみのおおかみ)が祀られています。生命(いのち)の親神様であることから、古く「延命長寿・縁結び・厄除け」の神様として信仰を集め、鎌倉時代から江戸時代にかけては、武家や民衆にも信仰が広まり、多賀大社の分祀社は全国239社を数えるそうです。
2022年の干支は「壬寅(みずのえとら)」です。
糸切餅は、白地に赤と青の3本の線が入っている多賀大社の名物です。
皆さまへの感謝の気持ちを胸に、本年も社員一同、精一杯更なる価値創出に努めてまいります。
引き続き変わらぬご愛顧のほどどうぞよろしくお願いいたします。